FC2ブログ

中学受験ママのリレーブログ「一輝一憂」

春休みの学習計画(by イチゴ)


先週末は小学校の卒業式でした。
バナナくんは、4月から通うことになる中学校の制服を着ました。
ネクタイだけ違うものにしたので、どの中学校の制服か誰もわからなかったと思います。
学ランを着ている子もいて、とてもかっこよかったです


小学校生活が終了し、春休みに入ったバナナくん。
ここのところ遊んでばかりなので、今日から家庭学習を少し増やそうと思います。
中学校からの宿題(英語・数学)は2月中に終了したので、残すは国語の読書感想文だけです。
バナナくん、まだ課題図書を読み始めていません…。
間に合うのでしょうか

2月中旬から始めた数学の予習は順調に進み、昨日から中2内容に入りました。
中1内容を終えて感じたことは、計算でのケアレスミスが多いということです。
中学受験に向けての勉強をしているときも、分数の約分ミスやわり算の筆算でのミスが多くて…。
中1内容でも約分ミスがあったり、移項のときのプラスマイナスのミスがあったり。
注意力が足りないですね
もう少し中1内容も復習したいので、中2内容と並行して解いていこうと思います。

英語の予習はドリルが1冊終わり、次のドリルに入っています。
春休みなので、毎日5~6ページずつ進めていく予定です。
単語は相変わらずなかなか覚えられませんが、文法に関しては大丈夫そうです。
繰り返し練習していこうと思います。

他に、毎日漢字テストをしています。
やらないと、どんどん忘れていってしまうので…。
中学からの国語の宿題としても「漢字練習」が出ていました。
提出はしなくてよいそうです。
きっと、入学早々に漢字テストがあるのでしょうね。
バナナくんは漢字が大の苦手なので、とても心配です

中学受験塾に通っていたお友達は、塾の中学準備講座などに参加している子がほとんどです。
バナナくんは塾に通っていなかったので、自宅でなんとかしないといけません。
イチゴもできる限り、フォローしていきたいと思います

スポンサーサイト
横浜・川崎&近隣エリアの私立中学校情報ならビタミンママ

春休みに向けて(by はな)


春一番も吹き、花粉が例年よりとても多く飛んでいますね。
はな一家は今年、フユトも花粉症デビューしたので、
全員くしゃみばかり。
一刻も早く花粉の時期が過ぎて欲しいです。

新学年がひと月過ぎ、新しい生活リズムも少し慣れてきましたか?
フユトはまだ慣れていないので、育成テストは目も当てられない
結果だし全国模試も大変な成績になっています・・・
もう毎回ため息をついてしまいますが、本人はお気楽に
「ビリじゃなかった~セーフ!」とどや顔(汗)
クラス替えは1人だけ変わるんじゃないのよと教えないと!

新しいクラスもすっかり慣れ、仲のいい友達と同じクラスなので
休み時間もわいわい騒いで(暴れて?)楽しんでいる様子。
この時期は新しい学年のリズムを慣れていくようにし、
4月から本格的に学べるようになるといいのですが・・・

★春休みに気を付けたいこと★
 ・このひと月半の学習内容は比較的簡単なので、
量が増え取りこぼした暗記(理社)のフォローをする 
・国語の漢字語彙が弱いので復習する

春期講習で理社の暗記はフォローできそうですが、フユトは暗記が
得意ではないので目標にしておこうと思います。

新6年生は授業数が増え、家庭学習の時間が取りづらくなりますよね。
新しい単元も覚えながら前の単元も復習するのは大変です。
講習中はその復習の時間が取れる大切な時なので、
特に講習で演習をした問題の間違いをテキストで振り返りたいです。

小6の春期講習はまだのんびりペースだと思います。
そのような時期に「ゆっくり問題に取り組む」時間があると
受験後半にその時間が力に変わってくれるかもしれません。
説明会

先日サピックスの受験報告会へ行ってきました。
以下がその詳細になりますので、小6の皆様ご参照くださいね。

【算数】
〈分野について〉
1 計算問題のレベルがUP→答えが合っているか不安を誘うので自信をもって取り組む事
2フリーハンドで図を書かないと解けない問題
→図を書かせるだけならあったけれど、それを言葉で説明させる問題があった
3 立体切断のブーム続行中!(切断面5角形が出題⇒浅野フェリス)
〈目指す力について〉
 計算、作図、問題を読むことに丁寧に取り組むこと
〈目標〉
 子供が丁寧に問題に取り組む為には親が丁寧に接して下さい

【国語】
〈テーマ〉
・AIロボットとの共生
 (女子学院・サレジオ・武蔵)
・リアルな実感
 (桜蔭・フェリス・日本女子大学)
・多様性
 (麻布・筑波大学附・浅野)
・自己肯定
 (横雙・聖光・開成)
・家族の愛&絆
 (慶應湘南藤沢&中・渋渋・芝・浅野・横共)
〈設問〉
・100字の記述が増えた
 (豊島岡・逗子開成・湘南白百合)
・自由(意見)記述
 (フェリス・サレジオ)
・言葉のニュアンスを読み取り
 (開成・栄光)
〈その他〉
語彙力をつける事が大切⇒SAPIXの授業をしていれば大丈夫
(と言われてもうちは日能研生・・・)
ノート

【理科】
〈今年の傾向〉
・今年は理科で差が付きやすい問題が多く出題された。
・選択肢  1つではなく「すべて」選ばせる
 (該当なし×も含まれる)
・計算問題 →小数点が多いなど難しい計算をさせる
・実験&観察 なぜ?と理由の記述増える
・初見問題 身近な問題を理科知識へ繋げる
・指導要領が新しくなったのを受け、浮力の問題がとても多かった。
→来年増えるかは不明
家庭に焦点をあてた問題やテレビでニュースになった問題が多くなってきている。
・失敗しても粘り強く取り組む力⇒
わからなくても諦めずに問題に取り組む子を学校は望んでいる

【社会】
〈例年と比べて何が必要になってきているか?〉
・知識…語句を書かせる⇒内容や意味を知っているか?(記述あり)
・学習の幅と深さ…資料や文化史まで出る
・当然と疑えるかどうか?…一面的な考えから多面的に出来事を考えられるように
・子供に提案や解決策を考えさせる⇒ニュースについて「自分なら?」と答えさせる
〈今年増えたテーマ〉
・日本国憲法 1.5倍出題
・災害 (特に土石流が多かった)
・国際交流(オリンピックが関係)ex民泊・外国人向け地図記号
・身近なもの(年中行事や伝統)
 〈考察〉
「情報化」に関する問題が増えている。
スマホ、写真、メール、SNSへの情報利用に対して、
大人から子供への注意喚起ではないか!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

横浜・川崎&近隣エリアの私立中学校情報ならビタミンママ

志望校選びについて


Xデーの2月1日から早ひと月たちましたね。東京はまだまだ寒い日が続いています。

受験が終わってほっとされているご家庭も多いのではないでしょうか。
6年生にとっては卒業関係でいろいろな行事がある月になると思います。残り少ない小学校生活を楽しんでくださいね。(^-^)/

我が家のコロコロも新5年生の授業が始まり早ひと月。
5年は、カリキュラムも膨大に増え、新しく習う事も多く、大変だ、大変だと前々からちょいちょい聞いてはいたのですが、授業が増えただけではなく、内容も社会理科がより一層濃くなって宿題も増え、コロコロ、やりくりに苦戦中です。
本人、まだ、うまくリズムがつかめない、と言っております。
ただ、この頃では私が勉強の内容を指定したりすることはなく、自分自身で宿題のやり方やテスト対策を考えている様子。私はあれやったか、これやったか、と声掛けの役回りです。やることを出してこれを、と導くのが正解なのか、ちょっとわかりませんが、自分でできるならその方が今後のためにも良い気もするのでとりあえずはこのまま行こうと思っています。

さて、先日のぶろぐでは、公開模試対策(総合的な力を見るテスト)の対策について、書きました。
あの、N研オリジナルではありますが、市販のテキストをやる、という対策、実はあまりうまくいきませんでした
その後、最近もう一度公開模試があり(月一なのです)今回は、塾のテキストを中心に自分で組み立てて公開模試の対策を行い、受けたところ、かなりあがり、それなりに点数を取ることができました。
その前の対策が実を結んだのか、今回のやり方がよかったのか?は不明です。ただ、どれも無駄ではないと信じていようと思っております。


さて、4月になるとそろそろ次年度の学校説明会が始まります。昨年は知っているところからとりあえず見に行く、しかもほとんど学園祭、という方式でした。そのなかで、だんだんと学校のカラーの見方や、特色、子どもに合う学校というのがおぼろげながら見えてきたように思っています。そして、成績もおそらくこのくらいなら、と分かってきた(劇的に変わらなければ)ので、今年は具体的に受験をしようと思うところをさがすために見学していこうと思っています。

ちなみに、大手の受験塾ではいろいろと学校案内を出しているのですが、
私が一番使いやすいと感じたのは、四谷大塚が出している「中学入試案内」です。
yotsuya.jpg

偏差値や所在地、特色はもちろん、プールの有り無し、進学率、進学実績が2ページの開きにコンパクトにまとめられており、とても見やすいです。
特に参考になったのが、理系文系の進学率、、さらにはおすすめの併願校も表になって掲載されています。これは本当に中学受験に不案内な私には助かりました。

ちなみに、コロコロの将来の夢は助産師さんになること。
という事はとりあえずは医療系の大学を目指すという事になります。(希望が変わらなければ)
もちろん、他の進路も視野に入れて考えることも必要ですが、理系に強い、または実績のある学校であることが現状、条件の一つとなります。ここでなんとなく絞られますね。まあ、進学校だとだいたい大丈夫ではありますが、最近人気の高い付属系の学校はコロコロにはあまりそぐわない、と言えます。

そして、これに通学の便利さを考えて、となると、さらに絞られてくるのかな?
都内はもちろん、うちからいけそうな東京都以外の受験も視野に入れて探そうと思います。
始まっちゃうとあっという間に説明会の応募が締め切られて行けなかった、で終わりそうなのは困るので、今月からとりあえずはスケジュールを考えて行くつもりです。
には塾で志望校選定の保護者会もあるのでそれまでにめどをつけておかねば。中学受験、止まる暇はなかなかないですね(`・ω・´)
横浜・川崎&近隣エリアの私立中学校情報ならビタミンママ

一足早く6年生!(byえんぴつ)


春いちばんが吹き、少し暖かくなりましたね。みなさま体調はいかがですか?
我が家は1/30~2/6に、夫婦そろってイA型ンフルエンザにかかりました えんぴつは人生初です。
1年ずれていれば、受験本番真っただ中!考えるだけで恐ろしい・・・
来年はよりいっそうの体調管理をしなければ

さて、先輩たちの受験が終わると、塾では一足早く学年が上がります
我が家のみかんもついに6年生!受験学年となり、保護者説明会が開催されました。

各教科の具体的な学習内容などの説明もあるなか、えんぴつの心に一番残ったのは
「6年だからと、勉強時間を大幅に増やすことはできません。限りある時間を最大限に活用するためには、量を増やすのではなく、質を高めること」
の言葉

みかんの場合は、やったりやらなかったり、漠然と行っていた「解き直し」の徹底です。
   間違えた問題は必ず解き直し、1回目と違う色で丸つけをする。
   算数だけでなく、理科でも途中式を残す(消さない)こと。
   漢字は最低5回、ノートに練習することなど。

とっても当たり前のことですが、2年前の夏にたこやき兄さんはこれで失敗しています。

お尻を叩かれながらも、一生懸命机に向かっている様子にえんぴつは安心していたのですが、実際は与えられた課題がほとんど未消化でした。

問題を飛ばして次に進むことのできない性分
たこやきは、難しい問題にぶつかるとそこから先に進めないまま、ひとり呆然と教科書を見つめるまま時間を過ごしていたのです。
解けない問題は、翌日塾の先生に聞いて解決するのですが、難問が出るたびストップする勉強方法を繰り返していました。その効率の悪さを何度も注意して、いろいろ提案するのですが、本人は動かず。
転塾も考えながら塾の先生にSOSを出し「難問は飛ばしてでも最後まで解き切る」ことを徹底してもらいました。

最終的には第1志望の学校に入学していますが、絶望感で目の前が真っ暗になった秋でした

幸いみかん計画的に自宅学習をしているようですが、
同じ轍を踏まないよう(しつこくならない程度に)要注意です
横浜・川崎&近隣エリアの私立中学校情報ならビタミンママ

中学準備を始めています(by イチゴ)


バナナくんの受験が終了してから、早くも3週間が経ちました。
入試期間はあっという間でした。
午前&午後入試を2日間連続というハードスケジュールだったにもかかわらず、バナナくんは疲れも見せずに頑張っていました。
進学先は、バナナくんの第1志望校イチゴにとっては第2志望校…)に決定
バナナくんはとても嬉しそうです。
イチゴは未だに少し未練がありますが…。(笑)
6年間通うのは本人なので、結果としては良かったのだと思います

召集日に配布された宿題は、英語数学国語の3つ。
英語と数学はドリル1冊ずつですが、国語は読書感想文。
読書嫌いのバナナくん…。
なかなか課題図書を読もうとしません
そろそろ読み始めてほしいところです。

英語はアルファベットの練習がメインなので、面倒くさそうにはしていますが毎日1~2ページずつやっています。
算数は小学校内容の総復習中学内容の予習が少し。
簡単な問題ばかりなので、スムーズに進んでいます。
英語も算数も2月中には終了しそうなペースです!


今、一番心配なのは英語です。
バナナくんは暗記が本当に苦手で、英単語をなかなか覚えられません。
英検5級には合格していますが、しばらくやらないうちにすっかり忘れてしまったようです。
今後は毎日、英単語をコツコツ練習させようと思います。

中学校での勉強が始まったら、とにかく英語メインの家庭学習をしていくつもりです。
その為には、数学で困ることのないようにしておかなければなりません。
そこで、先週から数学の予習を始めました。
算数が得意だったバナナくんは数学も大好きなようで、どんどん進んでいます。
「文字式」まで終わったので、今週から「方程式」に入ります。
この調子で、中2内容までの基本だけは一通りやっておこうと思います。

中学受験に向けての家庭学習でも、算数だけ先取りをしたおかげで5,6年生では問題演習や過去問を中心に学習できました。
その分、他の教科に時間をかけることができたと思います。
中学でも同じように、数学だけ先取りをしてく予定です。
バナナくんがつまずきそうな箇所は大体わかるので、そこは時間をかけて丁寧に説明していくつもりです。
中間や期末考査では学年順位も出るようなので、ドキドキですね

小学校と違って授業の進みも速く、難易度も高いはずです。
それについていけるよう、頑張ってほしいです

横浜・川崎&近隣エリアの私立中学校情報ならビタミンママ
プロフィール

中学受験ママ

Author:中学受験ママ
イチゴ
小学1年生の頃から少しずつ、受験に向けての家庭学習を開始した息子のバナナくん。今年受験本番を迎え、親子で頑張りました。そして、受験終了!進学先はバナナくんの第1志望だった男女共学の大学附属校です。始まった中学生活をしばらくリポートします。


えんぴつ(Èゼミ)
長男たこやきは、紆余曲折の末チャレンジ校に合格。毎朝早起きしての電車通学です。妹みかんは5年生。たこやきとは違うEゼミで、まったり受験生活をスタートしました。
父は受験して中高一貫校、母は高校までは公立校出身。


るほん(N研)
小4・小1の姉弟のママ。3年よりN研に1教科から通塾をはじめ現在4教科を受講。
 国語が得意だが説明文が苦手なことに最近気づく。算数も継続して苦手科目。

ミルクレープ
小2の姉マカロンと2歳の妹マシュマロのママです。通信教育で受験準備中のマカロンは今年から塾探しが始まります。じっくりゆっくり中学受験に備えます。

はな
中2の長男ナツオと小4の次男フユトの二児の母。ナツオは偏差値30台からスタートし、二人三脚で頑張った甲斐あって、偏差値60越えの志望校に合格。次男フユトも自然と中受の道へ。ちょっと余裕の心持です。

カテゴリ
月別アーカイブ
タグ

全国模試 偏差値 やる気スィッチ 下剋上 合格 

検索フォーム
Facebook
リンク

 ・管理画面
最新記事
 ・春休みの学習計画(by イチゴ) (03/19)
 ・春休みに向けて(by はな) (03/13)
 ・志望校選びについて (03/06)
 ・一足早く6年生!(byえんぴつ) (03/05)
 ・中学準備を始めています(by イチゴ) (02/25)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。